プロフィール

槇玲(まり)プロフィール

故郷は石川県能登町。海の幸、山の幸、清らかな空気。大自然の恵みをカラダいっぱいに受けて育ちました。3児の母で、プライベートはママ友とのおしゃべりが楽しい!普通の主婦です。

長男を出産するまでは栄養士として勤務していました。サイクルメニューシステムがない施設だったので、1日3食献立を考えるのは本当に大変でしたが、その6年間が今の活動をするベースになったのだと思います。今はメニューを考えること、作ること、全てが楽しくて仕方なく、家の食事はしょっちゅう試作品。家族や訪れた友人が「おいしい!」と言ってくれることがこの上ない幸せです。

出産後に管理栄養士の勉強をしようと書店へ向かい、そこで偶然見つけた陰陽の本で東洋医学を知った私は、医学博士邵輝先生の講座を聴講して、ますます薬膳の虜になりました。私自身が何年も抱え込んでいた原因不明の不調を克服できたのも、息子のアレルギーが改善したのも薬膳のおかげです。


薬膳のメニュー作りにはルールがあり、知識が必要ですが「おいしい!」と言ってくれる人がいて、楽しんで作る人がいて、お互いの笑顔があってこそ命を養う「薬」になるのだと最近つくづく実感します。

2011年からは鍼灸師の夫とともに「食とはりきゅうの暖彩」として鍼灸部門も併設し、一人ひとりの体質に合わせた健康づくりの提案ができ、ますます健康の大切さを痛感する日々です。

これからも「薬膳」にご恩返しができるような活動を続けていきたいと思います。

槇玲(まり)
料理研究家・家庭薬膳家・管理栄養士
少林寺拳法初段・石川県能登町出身
夫は鍼灸師・元エアロビクスインストラクター

▲このページのトップへ

『カラダも心も元気になる料理』を提唱。

真に健康になる料理は、おいしい料理です。
そして手早くできるものであること、家族の健康を考えたもの。

カラダに良いだけの料理は、健康に良いとはいえません。
おいしくない料理をガマンして食べ続けると、心の健康を失うからです。

また、家族の健康を考えすぎるあまり、
手の混んだ料理を毎日がんばって作り続けると、
作り手はもちろん、食べた人も健康ではなくなります。
作り手の笑顔の先に、家族の健康があるのです。

『食で子育て』を楽しむ3児の母。

おいしくて、手早くできて家族が知らず知らずのうちに健康になる。
その料理を日々作ることで、家族とわたし自身の健康を守っています。
世の中のお母さんたちがみんな元気に笑顔で暮らせるよう、
カラダも心も元気になるレシピを発信し続けます。

経歴

石川県奥能登生まれ
栄養士として児童養護施設に6年間勤務
出産を機に退職後、友人数人から料理を教えてと言われ、自宅で料理教室を始める
同時期に薬膳の本と出会い、食事療法を開始、体調不良を克服
2005年 薬膳料理教室「暖彩」を起ち上げる
2008年 初の著書『ナチュラル薬膳〜スーパーでそろう食材だけでつくる がんばらない薬膳レシピ〜』出版
2011年 鍼灸師の夫とともに鍼灸院「食とはりきゅうの暖彩」を運営開始。患者さんに寄り添いながら健康でいることの大切さを痛感する日々。
2012年 2冊目の著書『おうち薬膳』出版
2013年 管理栄養士資格を取得。食事相談を本格的に始動。
現在 薬膳と栄養学、食の東西の知識と経験を生かし、
『健康になるためだけでなく、幸せな人生を送るための食事』の大切さを発信中。

暖彩・槇玲の実績、活動履歴はこちら

暖彩・槇玲へのお問合せ、各種お申込みはこちら

▲このページのトップへ